新築マンションを手に入れました

歯周病を悪化させる喫煙習慣

私は数年前まで喫煙をしていたのですが、歯科に行った時に先生から喫煙の量を減らすようにと言われた事があります。喫煙習慣と虫歯は関係がないように思うのですが、歯周病のような雑菌が繁殖するという意味では、同じような事なのだそうです。

 

歯周病で悩んで歯科に通う人は、喫煙者の方が多いということらしいのです。おそらく、喫煙者の場合は健康の事を最善に考えている人が少ないと思うので、歯のブラッシングを細かく気をつけてやっている人は少ないのだと思います。

 

そして、もう一つはストレスも歯周病に影響があると聞きました。これもどんなカラクリなのか良く分かりませんでしたが、ストレスを受け続けると無意識のうちに血流の流れが滞ってしまうので、バイ菌を撃退する抵抗力もいくらか弱まるという意味だと思います。
情報はこちら→名古屋 審美歯科をおすすめします。

 

このような影響を考えてみても、歯周病がいつまでも改善しないという要因はいくつもある事が分かります。少なくとも、毎日のブラッシングを集中的にして可能性を下げなければいけないのです。